2014年04月09日

セッカ・コチドリ・ヒバリ・ハイタカ・ニュウナイスズメ

普段は行くことがなく、半年ぶりの場所です。

セッカ 繁殖期の今、雄の口のなかは真っ黒です! 
以前はスズメ目ウグイス科だったのが、最新の「日本鳥類目録 第7版」では、スズメ目セッカ科になったそうです。
2014-04-09_031.jpg (1)
2014-04-09_049.jpg (2)
2014-04-09_051.jpg (3)
2014-04-09_052.jpg (4)
コチドリ 工事現場のような荒地にも、よくいます。
2014-04-09_059.jpg (5)
2014-04-09_073.jpg (6)
2014-04-09_081.jpg (7)
ヒバリ 同じ場所にて
2014-04-09_098.jpg (8)
ハイタカ? 
2014-04-09_107.jpg (9)
ニュウナイスズメ
2014-04-09_140.jpg (10)
2014-04-09_157.jpg (11)
2014-04-09_168.jpg (12)
2014-04-09_223.jpg (13)
2014-04-09_244.jpg (14)
2014-04-09_278.jpg (15)

PENTAX K-5 + BORG 71FL 400mm F5.6 MF

posted by CatBear at 23:55| Comment(2) | Photo
この記事へのコメント
こんばんは
セッカ繁殖期になると口の中が黒くなるって、
どうしてなんでしょう。
面白い現象ですね。
桜の花びらを咥えたニュウナイスズメかわいらしい!
Posted by nampoo at 2014年04月10日 21:41
こんばんは nampooさん。
セッカの♂の口の中が黒くなるのは、これも婚姻色の一種なんですかね。
黒い時期は限定されているようなので、いつまで黒いか、確認したいもんです。

ニュウナイスズメ、サクラに群がっていましたが、もう随分散っていました。桜吹雪と重なるようなショットを狙いましたが、タイミングが合いませんね〜
Posted by CatBear at 2014年04月10日 22:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。