2014年04月02日

ホシムクドリ・ムネアカタヒバリ・ヒバリ

近くにホシムクドリが3羽飛んできたのはうれしいんですが、何本もの枝の向こう
2014-04-02_018.jpg (1)
2014-04-02_073.jpg (2)
一週間ほど前に一度見かけましたが、撮れたのは今季初のムアカタヒバリ
昨日のタヒバリと背中の模様を比べると、違いが明らか
2014-04-02_229.jpg (3)
80mくらい離れたヒバリ。遠距離撮影の練習をやっておかないと、いざというとき困ります。
2014-04-02_415.jpg (4)
2014-04-02_417.jpg (5)
他に撮る相手がいなかったからですけどね(^w^;)

PENTAX K-5 + BORG 71FL 400mm F5.6 MF
posted by CatBear at 18:54| Comment(2) | Photo
この記事へのコメント
こんばんは。
ホシムクドリの青味を帯びた光沢のある鉄色、
何度見ても素晴らしいです。
ムネアカタヒバリって相当に珍しい鳥なんでしょう?
おっしゃるように昨日のタヒバリの背中の模様大分違いますね。
ただのヒバリはだめなんですか?
私はそれさえ撮れずにいますが……。
Posted by nampoo at 2014年04月02日 21:41
こんばんは nampooさん。
ホシムクドリは、まだ大勢いますが、なかなか撮る機会は少ないですし、メタリックな色を撮れるのは、滅多にありませんね。

ムネアカタヒバリは旅鳥で、毎年渡りの途中に立ち寄ってくれますが、今年は遅めのようで、やっと来てくれました。
この鳥を撮りたくて、毎朝探していたんです。
ヒバリがダメなことないですよ。
ただ、いつもかなり遠くからしか撮れません。
双眼鏡で見ていると楽しいんですが、カメラだと難しいですね(^w^;)
Posted by CatBear at 2014年04月02日 22:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。