2015年07月30日

Windows10の無償アップグレード・トラブルからの復旧

今朝見ると、Windows10へのアップグレードのダウンロード終了とのこと。
windows10_02.png (1)
早速インストールを始めて、何のエラーもなく、無事にアップグレードが終了・・・のはずでしたが
20150730_070709.jpg (2)
windows10_3.png (3)
再起動後、Windows10の画面が表示されました。画面上をクリックすると、次の画面に変わります。
I20150730_170437.png (4)
ユーザーパスワードを入力した数秒後、エラー"KMODE EXECEPTION NOT HANDLED"が起きて自動再起動となり、ログインできません。後で試したセーフモードではOKです。
20150730_152258x.png (5)
対処方法は見つからず、元のWindows7の環境へ戻すしかありません。
セーフモードで立ち上げて、イベントログを見て戻し方を考えようと、再起動。
ところが、セーフードで立ち上げる方法がわかりませんでした。F8連打ではできず、Windows8.1と同じ、次の方法でできました。

パスワード入力画面の右端に、シャットダウンのボタンがあるので、Shiftキーを押したままクリックすると、「再起動」を選択でき、やはりShiftキーを押したままクリック。
20150730_170900.png (6)
再起動のオプションが選べるので、トラブルシューティングをクリック
20150730_170939.png (7)
トラブルシューティングの中で詳細オプションを選びます。
20150730_170955.png (8)
詳細オプションの中に「以前のビルドに戻す」というのを見つけ、多分これで戻るんじゃないかと期待半分でクリック。スタートアップ設定の中で「セーフモードで起動」もできます。
20150730_171036.png (9)
20150730_171135x.png (10)
アカウント名をクリックするとパスワードを要求
20150730_171226x.png (11)
後は復元処理を延々と行ってくれ、処理が終わったところで再起動されます。

これが午前の部で、午後見ると復元したWindows7に再びWindows10ダウンロード完了の通知が。
もう一度インストールしてみましたが、やはりパスワード入力後にエラー・再起動、ただ、エラーの表示は"KMODE EXECEPTION NOT HANDLED"で朝と同じですが、イベントログの内容は午前と午後で違います。

同じ手順で、以前のビルドに戻しました。スクリーンショットはそのときの分です。スマホで撮った写真が傾いていたのはご容赦を。

スクリーンショットを保存するとき、Prt ScrやAlt+Prt Scrキーを押しますが
Windowsでは、画像編集ソフトを立ち上げて、それに貼り付けて保存するという手間がかかります。
LinuxのLubuntuだと、Prt Scrキーを押せば、PNGファイルで保存されるので、使いやすいんですけどね。

この復元が原因かどうかは確かではありませんが、タスクバーに表示していたIMEアイコンが消えてしまい、このブログを書くのに、日本語かどうかがわからず苦労しました。
他に気づいたのは、イベントログサービスが開始されなくなっています。
Windows10をセーフモードで立ち上げたときは、イベントビューアーを見ることができたのに。
それにGoogle Chromeが起動時にエラーでこけます。Chromeリモートデスクトップは動いています。
※ 19時間経った今日の19時過ぎに再度Chromeを起動してみたら、正常に立ち上がりました。
   今日Windows UpdateでnVidia-Graphics Adapter WDDM1.1の更新をしましたが、これで?

Windows7やWindows8.1から、無償アップグレードの予約をしている方は、Windows Updateのトラブルが、解決するのを待ったほうが無難です。

posted by CatBear at 23:09| Comment(0) | Photo
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。